2011年9月21日水曜日

さようなら原発1000万人アクション 2011.9.19

video
東京電力福島第1原発事故を受け、原発依存からの脱却を訴える「さようなら原発5万人集会」が19日、東京都新宿区の明治公園で開かれた。集会やパレードには主催者発表で約6万人が参加。原発事故後では、最大規模とみられる。
 原水爆禁止日本国民会議(原水禁)や有識者らで構成する「さようなら原発1000万人アクション」主催。呼びかけ人の一人で作家の大江健三郎さん(76)は「原子力のエネルギーは必ず荒廃と犠牲を伴う」と語った。
 参加した俳優の山本太郎さん(36)は「今の日本の政治は一人の命や安全を無視している」と脱原発を訴え、参加者とともに「原発反対、子供を守れ」とシュプレヒコールを上げた。その後、参加者はプラカードや旗を掲げながら、明治公園から新宿や原宿など3コースに分かれて約2~4キロをパレードした。 (毎日新聞より)


動画は「さよなら原発1000万人アクション 脱原発で持続可能・平和な社会をめざして」より転載しました。大江健三郎さんのお話など集会の様子の動画はファイルが大きいため転載できませんでしたのでそちらをご覧ください。
 「さいなら原発尼崎住民の会」からも7名が参加しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿